看護師になろうと思ったきっかけ

私が看護師になりたいと、思うようになったきっかけは、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている患者さんの補佐をする事に、看護師としてのやりがいを感じたためです。
私自身も過去に入院したときに、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、私が看護師として、患者の介助をしようと決意しています。
実際、看護師からすると仕事も育児もこなすのは難しい課題といえます。
可能な限り、病院で働きたくても、育児をこなしながら看護師の職責を果たすには、色々な困難が生じてしまいます。
仕事と育児の両方をこなすのは個人の問題ではなくやはり、医療全ての課題として取り組む必要があると考えられます。
看護師が外科に勤務する時の長所と短所を理解しておきましょう。
まず第一に、術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、とても勉強になります。
残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。