消費税増税による住宅ローンへの影響は?

消費税は2014年3月までは5%でしたが、4月以降は8%に増税されました。
それに伴い住宅ローン減税が大幅に拡充されました。
まず、控除対象となる借入限度額が2,000万円から4,000万円(長期優良住宅や低炭素住宅の場合は3,000万円から5,000万円)へ引き上げ、最大控除額が10年間の合計で200万円から400万円(長期優良住宅や低炭素住宅の場合は300万円から500万円)まで引き上げ、更に所得税で控除しきれなかった分を住民税控除に適用される分の上限が97,500円から136,500円に引き上げられました。
しかし、誰もが400万円の所得控除が受けられるとは限りません。
10年間で400万円と言うことは最低でも4,000万円以上の住宅ローンを組んでいなければならないわけですから、その辺をきちんと計算しておく必要がありますね。