自営業住宅ローンの審査は厳しい?

サラリーマンの方が住宅ローンを借りるのと、自営業の方が自営業住宅ローンを借りるのとでは全然審査の厳しさが違います。
当然サラリーマンの方も、収入や勤務実績等を調べられますが今現在支払い能力が有れば住宅ローンを組む事が出来ます。
30年や35年という長いローンになりますが、自分の家を手に入れる事が出来ます。
自営業の方は、同じ調べるのでも損益計算書や貸借対照表を複数年分と収入証明書や所得証明書も複数年分提出を求められます。
住宅ローンは安定して返済してもらわないといけないローンなので、自営業の方が安定しているかどうかを確認しているのです。
それに基準ぎりぎりの時には、頭金の増額をしてくるように金融機関のほうから行ってきます。
又、住宅ローン期間も30年や35年ではなく、20年やもっと短く返済するような契約をするように言う場合も有ります。
自営業はあまり信用されていないようですが、いかに安定して返済してくれるかがやはり鍵ですので、又今は住宅ローン金利がとても低いので条件を満たせるならば、今のうちに住宅ローンを組んで住宅を購入するにはいい時期です。
自営業住宅ローン審査甘い銀行!おすすめは?【借り換え基準緩い?】