ブルーアンバーの効果って何があるの?

ブルーアンバーとは普段は青みがかった黄色をしていますが、ブラックライトなどの紫外線を当てたときには特に青く光ります。
この石にはよい気を引きつけるという効果があります。
また黄金色が入っていると言うことから金運や人気運が上昇するとも言われています。
ブルーアンバーは黄色の中にも青みが入っている石なので、情熱の中にも冷静さを持っていると表現されます。
従って仕事や事業に打ち込みすぎて周りが見えなくなり、冷静さが無くなるのを防いでくれる効果があります。
東洋では昔から薬としても試用されていました。
伝染病や喉の病気に効果があるとされ、重宝されていました。
この他には流産を防止する働きがあるとも言われています。
この石は主にドミニカ共和国で産出されています。
この石の浄化方法は月の光に当てたり水晶による浄化を行ったり塩による浄化、この他にエッセンスにより浄化がおすすめとなっています。
この石の宝石言葉は静かに燃える心となっています。
ブルーアンバー意味?琥珀の神秘的効果とは【不思議な変化】